Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » 「やりたいことが見つからない・・」という人へ。やりたいことを見つけるための「桃太郎理論」

「やりたいことが見つからない・・」という人へ。やりたいことを見つけるための「桃太郎理論」


これはホリエモンがお話ししていたことなんですが、私流にお伝えさせていただきます。

「やりたいことが見つからない」

という方は、昔話の桃太郎の物語を思い出してみてほしいのです。

【素材】桃太郎

桃太郎に、やりたいことを見つけるためのヒントが隠されている

桃太郎の物語の中で、

おばあさんが川で洗濯をしているときに、どんぶらこドンブラコと大きな桃が流れてきました。

おばあさんは大きな桃を拾ってももう切ってみると、中から大きな男の子が出てきました。

という場面がありましたよね?

まぁこの時点で、突っ込みどころがたくさんあるのですが、それは置いときます(笑)

大きな桃がどんぶらこと流れてきたときにその桃を拾うと思うのか、さらにその桃を切って中身を見てみようかと思うのかということです。

でもその桃を拾ってみようという気持ちがある人は拾うのですが、多くの方はスルーをしているのです。

そもそも桃を拾うことにリスクもあるんですが、

「あれはなんだろう?」

という純粋な好奇心があれば、拾ってみよう、中身を見てみようと思うのです。

安全策を取ろうとすれば、もう桃に触れなければ良いのですが、今まで通りの未来しかありません。

ここで言う大きな桃とは?

「自分の世界に現れた未知なるもの」

に当たります。

たとえば、

・たまたま、イキイキしている起業家の方と出会った。
・まるで行ったことのないイベントに誘われた。
・ふと、気にしていなかった講座などが目に入った。
・普段なら手に取らないような本が気になった。
・全然興味のなかった分野の趣味とご縁ができた。

というようなことです。

自分にとっての桃をスルーしない

本当は桃の存在はどんな方でも、大きいものから小さいものまで見るのですが、スルーしてしまっている人が多いのです。

もし自分の世界で、

「何か未知の存在が現れたときに、どうするか?」

ということです。

そういうときに、少しのリスクを犯して、取りに行ける人が天職を手に入れる人です。

何もしないのが一番無難なんですが、そういう人は

「やりたいことが見つからない」

と言って、ずっと同じことをやり続けている方が多いです。

まとめ

実は、自分のやりたいことが見つからないのではなく、すでに見つかりかけているやりたいことをスルーしてしまっているケースが多いのです。

あなたにとっての

「大きな桃=未知なるもの」

は何でしょうか?

もし自分にとっての大きな桃を見たときに、ぜひ近寄って自分で確かめてみてください。

それが自分の新しい世界への突破口になることがありますから。

たった1日で天職が見つかる、天職を発見する1dayセミナーもオススメですよ。


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>