Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » NO.015 怖い=やりたいの法則

NO.015 怖い=やりたいの法則


「やってみなよ!」って言われて抵抗するのは、やりたい証拠

今日は私の趣味を紹介します。

それは
迷っている人が居たら「やってみなよ!」って提案すること。

言われたほうは、その提案に抵抗するんです。
「いや・・・でも・・・」って

それを見て(おぉ、恐がってるってことはやりたいんだなぁ)って
その人がまだ気が付いてない「やりたい事」を見つけて喜ぶのです(笑)

ここがポイントです!

人って、興味がない事に対しては
提案されても迷う余地がないんです。

なぜなら、「好き」の反対って「嫌い」ではなくて
「無関心」ですからね。

 [興味なし]  「演歌歌ってみない?」
 「演歌は無いかな(即答)」

 [興味あり]  「今の収入をあと10万増やしてみない?」
 「え・・10万?うーーん、でも・・でも」

この迷ってる時の心の動き(心理抵抗)を
よーーく観察してみましょう。

 不安・居心地の悪さ・ちょっぴりワクワク・期待
 (いろんな心の動きが沸いてくる)

その次に思考が働きます。

 やり方がわからない・本当に必要なのか?・失敗したらどうしよう
 (脳ミソが回転して、やった場合の事を考える)

この思考って【やる事が前提】で考えているっていうのがわかりますか?(笑)

迷う余地・思考する余地があるって事は
少なくとも関心があるってことなんでしょう。

心の動きの観察に慣れてない人は
いきなり思考が動くように感じるかもしれませんが、
心の動きがあるから思考が動くんです。

心がプラスに動くか、マイナスに動くかはどちらでもいいです。
大事なのは「動く程の事か・そうでないか」

「恐いからやめとこう」「抵抗あるからやめとこう」って選択をしている人って
「やりたいけど勇気が出ないからやらない」っていう事をしてるんです。

「その選択の連続をすると、結果ってどうなるかわかりますよね?」

って私が言ったら、心はどう動いていますか?(笑)
ぜひ観察してみてくださいね!

 

まとめ

ほら、やりたいことやりたいんじゃないですか(笑)
チャレンジしてみたらどうでしょう?

 

やってみよう!天職探しワーク

今日、出会った事や提案された事の中で
恐かったものをやってみる!


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>