Breaking News
Home » 夢を叶える » 夢を思い描いて、思考を現実化するために必要な5つのこと

夢を思い描いて、思考を現実化するために必要な5つのこと


【素材】夢をイメージ

「夢を思い描いて、思考を現実化するために必要な5つのこと」という内容です。

なかなか、「夢を思い描いても、叶わないんです・・」という人もいるでしょう。

そんな方に、どうしたら夢が叶うのかを5つのポイントでお伝えしますね。

「静止画」でなく「動画」で描く。

【素材】ライブ、動画

これは写真などを壁に貼って眺める宝地図、ビジョンボードを使う方や、夢リストを書いている人で叶っていない人にはお勧めです。

静止画よりも、動画の方が、自分に与える影響は強いです。

たとえば、ハワイが好きなら、ビーチの写真を見るだけよりも、YouTubeで観た方がワクワクしてきますよね。

それによって、「五感」と「感情」をフル活用させるのが大事なことです。

いまそのイメージしたものの「質を体感」する。

【素材】ライブ、体感

1の延長なのですが、「質」を体感するとさらに強力になります。

これはどういうことかと言うと、ハワイの例で言うならば、いきなりハワイには行けないかもしれません。

でも自分が求めている「質」を体感することは可能です。

その「質」を知るためには、

「ハワイのどんなところが魅力なのか?」

と探っていくのです。

開放感、自然の美しさ、穏やかな雰囲気、あたたかさ、リゾート気分が魅力だとします。

このキーワードが、あなたが求めるハワイの「質」となります。

これなら、ちょっと足を運び、湘南などでも体感できるかもしれません。

ハワイアンカフェに行き、アロハシャツで、ロコモコとトロピカルカクテルでハワイ気分を味わうのもいいですね♪

こんな風に、いまの生活で、そのワクワクする「ハワイの質」を体感するのです。

肌感覚で味わえると、夢物語でなく、より身近にリアリティが増していきます。

「未来記憶」を使う。

【素材】未来

これは、私もメンターとして尊敬している池田貴将さんという方から教わった話です。

人は感情の生き物です。

過去でも未来でも、自分の感情が動くほど、強く行動できるようになります。

未来をありありと描き、

「こんなステキな未来が待っているんだ!」

とワクワクすればするほど、いまの行動が変わってきます。

もうウズウズして「いてもたってもいられない」状態にするのです。

たとえるなら、楽しみな旅行に行くときのような感じです。

ハワイに行けるとしたら、ワクワクしながら英語の勉強をできるでしょう。

でもこれが地獄の研修に行くとしたら、ものすごくおっくうでしょう(笑)

詳しくは「未来記憶」という本を読んでみてください。すごくオススメです(^o^)

パッと浮かんだものを否定しない。

【素材】断る女性

夢をイメージしていると、突拍子のないもの、現実味のないものも浮かぶかもしれません。

そんなときに、

「ハワイ?いや、ムリムリ!できっこないし」

とすぐに否定してしまう人がいます。

これはかなりもったいないです。

こうやって否定しているのは、「顕在意識」の仕業です。

パッと浮かんだのは「潜在意識」が思い浮かべたのです。

いまの自分にはできないと思い込んでいるだけで、
未来の自分にはできる可能性は山ほどあります。

そこを潜在意識は知っていて、思いつかせたのかもしれません。

こうした、心のブレーキは一旦脇に置いておいたほうがいいでしょう。

心のブレーキのことを、私たち天職プロデュースでは、「ストッパーズ」と呼んでいます。

「自分を止めるものたち」という意味合いです。

こちらについては、また別途お伝えしていきますね。

「本当の望み」かどうかを自分の心に聴く。

【素材】はてな?質問

思い浮かべた夢で、よくあるのが、

「年収1億円になる」
「ハワイのビーチでセミリタイヤ」
「美味しいものを山ほど食べる」

など、よく成功者と言われる人への勝手なイメージからくるものです。

でもこれは「あなたの」夢なのでしょうか?

世間的に刷り込まれた画一的な夢のこともあります。

「世間の夢に騙されない」ことです。

別に年収1億円はどうでもよくて、ただ田舎で自給自足をして暮らせれば幸せという人もいますよね。

自分の本当の望みかどうかを知るためには、

「本当にやりたいの?」
「本当はどうしたいの?」

という自分への質問を投げかけて、自分の心の声を聴いてあげることです。

本当に望んでいるものでないと、いくらがんばっても叶わないのです。

恋愛で言うなら、本当は好きではない人と「単にお金持ちだから」というだけでお付き合いするようなものです(笑)

自分の夢を、他人や世間の夢と、ごっちゃにしてしまうことがあるので、ご注意ください。

プラスαを最後にお伝えします。

それは、「夢を現実化させることに許可を出すこと」です。

言い換えると、「うまくいくことにOKを出す」のです。

【写真】OK 女性

人は自分に対して、許可が出ていないことがあります。

「自分にうまくいくわけがない」
「そんなの夢物語だよ」
「〇〇さんだからうまくいったんだ」

などと思っているときは、許可が出ていない状態です。

そこで、許可を出すための魔法の言葉があります。

それは「かも」という言葉です。

脳科学者でメンタルトレーナーの西田文雄先生「かもの法則」という本を書かれています。

「かも」という言葉は、よく否定的な使い方をされることが多いです。

「無理かも」「できないかも」「夢で終わるかも」というように。

そうではなく、肯定的な使い方をしていきます。

「できるかも」「現実になるかも」「叶うかも」というように。

「かも」という言葉は、「可能性」と「許容」を含んだ言葉なんです。

宝くじも「当たるかも」と思っているからこそ、買いますよね?

夢が現実化するのにも、可能性と許容を持たせるのです。

まとめ

1.「静止画」でなく「動画」で描く。
2.いまそのイメージしたものの「質を体感」する。
3.「未来記憶」を使う。
4.パッと浮かんだものを否定しない。
5.「本当の望み」かどうかを自分の心に聴く。

ぜひ、お役立ていただけたらと思います。

 


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>