Breaking News
Home » ご縁のつくり方 » 初対面の人でも話が盛り上がる7つの方法

初対面の人でも話が盛り上がる7つの方法


私は初対面の人とお話をする機会がとても多いのですが、それでもなるべく早く盛り上がるように心がけています。

【素材】パーティ会場

そのためにやってる方法をお伝えしていきます。

相手との共通点を探す

【素材】探す子供

初対面の人同士が会ったときに、まず何をするかというと、必ず共通点をお互いに探そうとします。

それは、お互いに仲良くなるための一番早い方法だからです。

自分と共通点が全くない人とは、何を話したらいいかわからなくなりますよね。

趣味・住んでる場所・出身の学校・仕事・人生の考え方・友人・スポーツなど、何でも構いません。

その共通点を切り口にして、話が盛り上がるといいですね。

まずは相手が答えやすい質問から始める

【素材】子供 笑顔

初対面では特に、会話はいきなり盛り上がりません。

ですので、話し始めが肝心になります。

会話がスムーズに始まれば、楽しい雰囲気のまま進むことができます。

「ご結婚はされていますか?」など、いきなり込み入った質問や、デリケートな質問はNGです。

「オープンクエスチョン」より「クローズドクエスチョン」にする

【素材】質問する女性

「オープンクエスチョン」というのは

「好きな食べ物はなんですか?」
「今日はどうして参加されたんですか?」

というように答えの領域が決まっていなくて、自由回答ができるものですね。

さらに対して、「クローズドクエスチョン」というのは

「和食と洋食のどちらが好きですか?」
「辛いものは好きですか?」

というように、選択肢が決まっているものです。

初対面の人に、オープンクエスチョンをいきなりしてしまうと、相手が言いたくないことを言わされるような感覚になってしまうことがあります。

「あなたの好きなタイプは誰ですか?」と言われたら、なかなか答えにくい人も多いかと思います(笑)

「辛いものは好きですか?」くらいに、答えやすいものにするのをオススメします。

そしてだんだん心を開いて盛り上がってきたら、オープンクエスチョンに移りましょう。

相手の趣味を優先して話題にする

【素材】ジョギング

人は自分の話をするのが好きですし、得意なものです。

ですから初対面では、特に相手の長所や得意なことを話題にすれば話も盛り上がります。

自分のことを話すのは、相手が一通り話し切ったあとで、一段落ついてから、少しお話ししてもいいですかというようにするとスムーズです。

いきなり自分のことをまくし立ててではNGです。

相手に心から関心を寄せる

【素材】見つめる女性

相手の話をするためにも必要なことが、相手に心から関心を寄せることです。

盛り上がらない人というのは、相手に興味がない方が多いです。

ですので、へーって終わってしまうのです。

自分がわからない内容であったとしても、

「初めてお聞きしましたが、〇〇というのは何ですか?」
「それはどういうことですか?」

と深掘りして聞いてみると、いろいろ教えてくれます。

特に男性には、質問を投げかけて教えてもらうのは有効な手段です。

世界一響きの良い言葉を使う

【素材】花

これは「その人の名前」のことです。

名前は何回言われても飽きませんよね。

それに、名前を呼んでくれる方には親近感も覚えます。

「あなたはどう思いますか?」ではなく、

「智子さんはどう思いますか?」のほうが嬉しいはずです。

特に、相手が呼んでほしい名前を使ってあげると、とても喜んでいただけます。

「ともちゃんと呼んでください」という人には、一番好きな呼ばれ方で「ともちゃん」と呼んであげて下さいね。

少しオーバーリアクションにする

【素材】バンザイ

日本人はシャイなので、なかなか感情表現が苦手な方も多いかと思います。

だからこそ感情表現が豊かな人は、とても注目されますし人気もあるのです。

外国人が「WOW」など声を上げて、大きいジェスチャーをしていると楽しい気分になりますよね。

人前で立って話をするときは特にそうなんですが、リアクションは自分が思ってる以上に、小さいものです。

ですので、「ちょっと大げさかな」くらいの気持ちでちょうどいいです。

実際に機会があれば動画に撮ってみると、いかにリアクションに乏しかったかに気付けます。

まとめ

いかがだったでしょうか?まとめますと、

1.相手との共通点を探す

2.まずは相手が答えやすい質問から始める

3.「オープンクエスチョン」より「クローズドクエスチョン」にする

4.相手の趣味を優先して話題にする

5.相手に心から関心を寄せる

6.世界一響きの良い言葉を使う

7.少しオーバーリアクションにする

この7つを意識して、コミュニケーションを取ってみると、相手の反応がまるで変わるのがわかると思います。

ぜひお試しくださいね。


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>