Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » 好きなことの見つけ方

好きなことの見つけ方


【素材】好きなこと

「好きなことがなかなか見つからない・・」という方へ。

好きなことが見つかりやすくするために、3つのことをお伝えします。

「好きなことをしてもいい」と自分に許可を出す。

「好きなことを見つけられない・・」という方は、
そもそも「私は好きなことをやってはいけない」と好きなことをやる人生にOKを出せていない方が多いです。

「いやいや、好きなことしかやらない人生なんてあり得ない」とか。

それですと、好きなことが見つかる可能性がゼロになります。
それはとてももったいないことですよね。

「ああ、私、それあるかも・・」という方は、
好きなことをやって生きている方に、たくさん会いに行ってみてください。

そうすると、

「ああ、好きなことをやって生きていくのもありなんだ!」
「好きなことをやっている人って、知らなかっただけでたくさんいるんだ!」
「私も、好きなことやって生きていこう!」

と、内面に変化が起きていきます。

自力で変えるより、他人や環境の力といった他力を使ってみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、自分で可能性にフタをしていたことに気づく人もいます。

だいたい、親、友人、社会の常識で、フタをしている人が多いのです。

自分に許可(OK)が出て、フタが外れると、自分もそう生きられるようになります。

P.S.
好きなことをやって自由に生きたいのにできていない人は、
「かもめのジョナサン」という本がとてもオススメです♪
世界的な大ベストセラーになっていますので、同じ思いを持っている人がいかに多いかということです(笑)

「あっ、ちょっといいな」と思ったら、どんどん「味見」してみる!

よくある思い込みで、

「好きなことをやるからには、途中でやめずに、ずっとやらないといけない」

「間違ってはいけない、完全な正解を選ばないといけない」

「中途半端な気持ちではじめていけない」

というものがあります。

こう思っていると、おいそれとは、チャレンジできないですよね。

そう思っていると、一生できなくなってしまいます・・

それよりは、「回転寿司で味見をする」と思ってください。

「マグロが美味しそう!」と思ったら、とりあえず一皿だけ食べてみる。

そんな気持ちで、ちょっといいなと思ったら、まずは味見をしてほしいのです。

もし、まずかったら、それでやめれば良くて、別のものを試せばいいのです。

「チャレンジ」というと大きなものに思えると思うので、「トライ」するという感じです。

英語に興味あれば、無料体験レッスンでも行けばいいのです。
「自分には合わないな」と思えばやめればいい。

お寿司でも人生でも、最終的には、実際に体験してみないとわかりませんよ♪

「好きなことをしないといけない」という思い込みをなくし、目の前のことをただやる。

そもそも、「好きなことをしないといけない」と義務感になっている人もいます。

義務感になっている時点で、純粋に好きとは言えませんよね(笑)

「want(~したい)」ではなく「must(~しなければならない)」になっているのです。

mustは、好きでないということです。

好きなことは、無理やり見つけるものではありません。

「好きなことが見つかってから、私は行動します」というのは、青い鳥を追い求めるようなものです。

もし見つかっていなくても焦る必要もなく、ただ自分がいま目の前にあることをやっていきましょう。

その中で、「こういうことが好きかも」というものが見つかったら、そのときにやってみるのもいい。

「好きなことが見つかったらいいな」という軽い気持ちでいたほうが、かえって見つかりやすいです。

それまでは、無理に見つけなくてもいい。ということです。

 
まとめ

好きなことを見つけるには、いろいろな方法があります。

でもまずは「好きなことをやってもいい」と許可を出し、
興味があることは、どんどん「味見」をする。

「好きなことをしないといけない」と思い込んでいるなら、
まずはそこにとらわれずに、目の前のことを一生懸命やる。

ということを、やってみてくださいね。

 


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>