Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » (3)「運動の天才」―天職に繋がる天性の才能9種類

(3)「運動の天才」―天職に繋がる天性の才能9種類


MIMIYAKO85_jetumi20140726500素質とは、持って生まれた才能のこと。

子供の頃の行動を思い出すことで、
自分の隠れた「才能」を見つけることが出来ます。

「天職」や「起業」に活かしやすいように、
9種類に分類しました。

3つめは、『運動の天才』です。

(3)運動の天才

女子フィギュアスケートの浅田真央ちゃんは、5才でスケートに出会い、
小学6年生の時に全日本選手権に特例で出場し、
「天才少女」と呼ばれました。

また、アメリカのフィリップ・ナイトは、
オレゴン大学の陸上ランナーでした。

彼のコーチは、選手の記録を伸ばすために、
シューズにも試行錯誤を繰り返していました。
・・・が、当時、ランニングシューズにこだわる人は少なく、
安く質の悪いものが大半でした。

彼は、選手としては大活躍はしませんでしたが、
最新のシューズを試すたびに思うところがありました。
そこで、ビジネスの勉強をして、コーチと共同で起こした会社が、現在のナイキです。

身体能力の才能は、体や物を操作するための能力です。
運動の天才の素質を持つ子どもは、物事を体で覚えます。

物を触ったり、動かしたりといった
体の感覚を通して、物事のプロセスやコントロールの仕方を学ぶのです。

この素質の強みは、ダンスやスポーツ選手などの体全体を使うことだけでなく、
器用さ、フットワークの軽さなどにも現れます。

「運動の天才」は、こんな特徴を持っています。

 

●子どもの頃・・・

・運動会ではヒーローだった
・髙い塀の上を歩いたり、金網をよじ登るのが楽しかった
・休み時間のたびに、ドッジボールやサッカーなど外へ飛び出して行った
・身振り手振りが大きかった
・テンションが上がると、走り回ったり踊ったりして感情表現した
・腕相撲大会やプロレスごっこ、なわとびに熱中した
・演劇をするのが楽しかった
・カッコイイ歩き方や、声の出し方を研究した
・手遊び、お遊戯が好きだった

●今でも・・・

・口より先に体が動いていることがある
・走ったりジャンプしたり、体を動かすのが好きだ
・機嫌がいいと、つい踊りだしてしまう
・演劇やロールプレイが好き
・人に「取って」と頼むより、さっと立って取りに行く
・新しいスポーツが流行るとやってみたくてウズウズする
・ずっと継続しているスポーツがある
・一箇所にじっとしているのが苦手
・ドリブルやスイングなど、ひたすら練習していても苦にならない

そこで、転職や起業に役立つよう、
才能の活かし方を考えてみましょう。

●才能を活かせる仕事は?

自分の体を使ったり、スポーツをする人を対象にしたオシゴト全般。

例)
・役者
・整体士やリフレクソロジスト
・モデル
・体育の先生やジムのインストラクター
・アスリート
・ダンサー
・ドライバーやパイロット、バイク便など
・重機の操縦
・パントマイムやパフォーマー
etc…

●才能を磨くためのアイデア

・ダンスやスポーツを続ける
・即興劇やジャグリングなどのイベントに行ってみる
・フットワークの軽さを活かして他人をサポート
・「踊ってみた」「やってみた」などの動画をUPしてみる

持って生まれた素質を磨いていくことで、
転職や起業に活かせる強みにできますよ!

参考になった!という方は、FBでシェアお願いします。
また、この記事の下にある「☆☆☆☆☆」の評価をしてくれると、
関心の高い記事として今後の参考にさせていただきます。

 


素質とは、持って生まれた才能のこと。 子供の頃の行動を思い出すことで、 自分の隠れた「才能」を見つけることが出来ます。 「天職」や「起業」に活かしやすいように、 9種類に分類しました。 3つめは、『運…

Review Overview

Summary : この記事はいかがでしたか?

User Rating: 4.68 ( 2 votes)
0

About SakuraYoshimi

咲桜佳美(さくらよしみ) 株式会社天職プロデュース代表取締役。 2006年から年間4000人以上の方々の「天職」と「天職起業」をサポート。 コーチングのセンスとMBAで培った知識を活かし、一生追いかけたくなるようなワクワクすることをビジネスとして構築し、自分も人もハッピーにする理想のライフスタイルを叶えるための起業支援を行っている。 社会人3年目以降の方の、コーチ、セラピスト、講師、スタイリストなどの個人向けサービス業でのはじめての起業支援を特に得意とする。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>