Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » (1)「言葉の天才」―天職に繋がる天性の才能9種類

(1)「言葉の天才」―天職に繋がる天性の才能9種類


words
use your words : ishootwindows, san francisco (2014) / torbakhopper HE DEAD

素質・・・つまり持って生まれた才能とは、
トップ5%の人だけのものではありません。
みんながみんな、「何かの天才」だとしたら、
あなたは何の天才だと思いますか?

子供の頃の行動を思い出すことで、
自分の隠れた「才能」を見つけることが出来ます。

「天職」や「起業」に活かしやすいように、
9種類に分類しました。

1つめは、『言葉の天才』です。

(1)言葉の天才

ハリーポッターの作者J.K.ローリングは、
子供のころ、空想の物語を書いては、
2才年下の妹に聞かせてあげていたと言います。

「言葉の天才」は、
言葉で考えたり、言葉の意味や使い方に敏感な人です。
「言葉の天才」の素質を持つ子供は、本を読むのが大好き!
早い段階から読み始めます。

効果的に言葉が使えるということは、
学校の授業で有利な才能なので、
学校の成績が良かった人も多いと思います。
「言葉の天才」は、こんな特徴を持っています。

●子どもの頃・・・

・新しい言葉を知るのが楽しくて、辞書をめくるのが好きだった。
・図書館や本屋が好きだった。
・日記や物語を書いていたことがある。
・学級新聞の係を楽しんでいた。
・年下の子に物語を読み聞かせるのが好きだった。
・「その年でよく難しい言葉知ってるわね」と言われたことがある。
・話をしたり、冗談を言うのが好き。
・人前で話すのが好きだった。
・学校から帰ってくると、今日あったことを「聞いて聞いて」。
・なぞなぞや言葉遊びが好きだった。

●今でも・・・

・知らない言葉を見かけると、つい検索してしまう。
・クロスワードパズルが好き。
・本やコラムを読むのが好き。
・雑学や名言が好き。
・音楽は、歌詞の意味も大事だと思う。
・物や地名など、名前の由来などに興味がある。
・ストーリー性のあるものが好き。
・日記をつけていると調子が出る。
・考えを言葉や文章にすることで整理することが多い。
・意識していなくても誤字が目に飛び込んでくる。
・伝えたいことをいかに正確に言語化するか、極めるのが楽しい。
・上手くハマる例えを思いついたときが快感。

 

「言葉の天才」の中にも2種類あります。

1:「書く」言葉の天才
2:「話す」言葉の天才

そこで、転職や起業に役立つよう、
才能の活かし方を考えてみましょう。

●才能を活かせる仕事は?

言葉を使っての「書く、話す」がメインのオシゴト全般。

例)
・編集、ライター
・本を書く
・ラジオパーソナリティー
・弁護士
・講演家や司会者
・日本語や英語などの言語の教師
etc…

●才能を磨くためのアイデア

<書く>
・プレゼン資料作りを買って出る
・テーマを決めてブログをはじめる

<話す>
・小さな講演会を開く
・UstreamやYoutubeで自分の番組を持つ
etc…
持って生まれた素質を磨いていくことで、
転職や起業に活かせる強みにできますよ!

参考になった!という方は、FBでシェアお願いします。
また、この記事の下にある「☆☆☆☆☆」の評価をしていただけると、
今後の内容の参考にさせていただきます。

use your words : ishootwindows, san francisco (2014) / torbakhopper HE DEAD素質・・・つまり持って生まれた才能とは、 トップ5…

Review Overview

Summary : この記事はいかがでしたか?

User Rating: 4.72 ( 5 votes)
0

About SakuraYoshimi

咲桜佳美(さくらよしみ) 株式会社天職プロデュース代表取締役。 2006年から年間4000人以上の方々の「天職」と「天職起業」をサポート。 コーチングのセンスとMBAで培った知識を活かし、一生追いかけたくなるようなワクワクすることをビジネスとして構築し、自分も人もハッピーにする理想のライフスタイルを叶えるための起業支援を行っている。 社会人3年目以降の方の、コーチ、セラピスト、講師、スタイリストなどの個人向けサービス業でのはじめての起業支援を特に得意とする。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>