Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » NO.188 こころの自動扉の法則

NO.188 こころの自動扉の法則


■…………………………………………………………………………………………■

 こころの自動扉の法則
 
■…………………………………………………………………………………………■

こころの扉を開いている状態は、心地よく楽しい感じ。

好きなことが明確に好き!と言い切れるのは
こころの扉が開いている状態のときです。

では、そのような状態を自動的に作るには?

結論からいうと、何度も申し上げているように
「準備に時間をかける」ということです。

当たり前のようでいて、ここに丁寧に時間をかけている
人があまりいないと感じています。

「ばくさんは、いつも笑顔であったかい」
といわれますが、もちろんいつもではないです。

おなかが極端にすいたときは、無言になりますし(笑)
人の役に立ててないなーと感じるときは落ち込んだりもします。

逆に私は、人より落ち込みやすいと自覚しているので、
自分のこころの扉の状態を切り替える方法を人より多く
開発してきました。

・朝起きてから、神棚や仏壇に手を合わす
・水シャワーあびながらオポノポノで心を作る
・電車の中で手を合わせて念じたり、妄想したりする
・トイレに行って鏡にむかって笑う(ヨシッ!という)

ちょっと、お金をかけておいしいものを食べるのも
こころの扉をあける準備のためです。ほ、ほんとうですよ。

それでも、私も最初は、こころの扉が自動扉にはなりません
でした。

自動扉になったのは、こんな言葉を見つけてから。

その言葉はシンプルなものでした。

「私に出会った人は、みんな幸せになる」

これを聞いた瞬間、電撃が走りました。

『私に出会った人は、みんな幸せになるんだー。
目の前の人が落ち込んでいても関係ないんだなー。
私に会えたから、今からよくなっちゃうんだなー』

はじめは思い込みや妄想であった思いが
だんだんと、本当になってきました。

もちろん今では、疑いようも無く、本気で思えます。

どんな人に出会っても、相手の状況にも関わらず、

「この人も、よくなっちゃうんだろうなー」

と微笑ましく感じられたら、しめたものです。

その時、あなたの心は自動的に開かれていますよ。


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>