Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » NO.186 「こころの扉の状態を見る」の法則

NO.186 「こころの扉の状態を見る」の法則


■…………………………………………………………………………………………■

 こころの扉の状態を見るの法則
 
■…………………………………………………………………………………………■

天職に生きるというと、好きなことをやっていく。
ということがイメージに浮かぶと思います。

ただ、実際に好きなことなのかどうか。
自分でもわからなくなってしまうことがありますよね。

そんなときは、こころの扉がどういう状態かを
意識するといいのです。

今日はそんな「こころの扉の状態を見る」
ことについてお話しますね。

世の中では、「こころの扉をひらきなさい」
とか「オープンマインド」「こころを閉ざす」

のような言葉が多く使われています。

あなたの
【こころの扉を閉ざしたイメージ】

【こころの扉を開いたイメージ】

はそれぞれ、どんな感じですか?

今、ちょっとだけイメージしてみてください。



イメージできましたか?

それでは、私のイメージを書いてみます。

【私のこころを扉を閉ざしたイメージ】

薄暗いところで、ひとりひざをかかえて
話しかけて欲しい、声をかけて欲しい。
でも、一方で、誰とも話したくない。
外界からの刺激を一切受けたくない。

さびしいけど、ほっといて欲しい。
そんな矛盾したイメージです。

【こころの扉が開いているイメージ】

明るい場所で、多くの人が出入りしている感じ。
話しかけられても、素直に話ができるし、
花や蝶や自然や、人の人生など。
外界からの刺激を積極的に楽しんでいる。

次にどんなことが起きてくるのかを
ワクワクして待ち望んでいるイメージです。

あなたのイメージはどうでしたか?

人によって、イメージには違いがあるかもしれませんが、

こころの扉を開いている状態は、心地よく、
楽しい感じがしたのではないでしょうか?

今回は、極端な例でしたが、実際はその中間や、
二つの状態ををいったりきたりしてますよね。

でも好きなことが明確に好き!と言い切れるのは
どうやら、こころの扉が開いている状態のときのようです。

こころを一切開かないで、大好きな人に
「あなたのことが好きです!」
と言うのが難しいのは、なんとなく想像できますよね。

いつも、こころを開いた状態にしておきたい。
こころの扉を自動的に開けるのが最高の状態です。

「好きなことを次々発見できる自動扉な状態」

大切な話なので、次回もこころの自動扉について
さらに、扱ってみたいと思います。

今日も一日、こころを開いてまいりましょう!
(今日は、手動でもOK! さあ、イメージして開いてみよう!)


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>