Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » NO.142 「なんか」の法則

NO.142 「なんか」の法則


■…………………………………………………………………………………………■

「なんか」の法則 

■…………………………………………………………………………………………■

「なんか」の法則って言っても、意味わかんないですよね。

これは、仲間であるSOPHIA 凛華(ソフィア りんか)さんが、
先日話していたことです。
隆太バージョンで、ご紹介をします。

「なんか良いよね」
「なんか気になる・・」
「なんかいい感じ!」

って、「なんか」っていう言葉を、日ごろ使うことがあります。

この「なんか」というのは、魔法の言葉です。

でも、なんかを素通りしてしまうことがあります。

「なんか・・、まあ特に理由もないし、気のせいか・・」って。

なんかと思ったときは、神様からのメッセージです。

このなんかというのは、とってもデリケートな感覚なので、
特に忙しかったり、自分がもやもやしていると、気がつきません。

なんか気になるものは、自分にとって何か意味があります。
でも、そのときは明確にはわからないです。

私は、なんか気になると思ったときには、素通りしないようにします。

たとえば、なんか気になる人がいたら、話しかけてみたり、
なんかいい感じのお店があれば、入ってみます。

普段から、なんかを敏感にキャッチしていくことで、「なんか感性」が
磨かれてくるんです。なんかの精度が上がってきます。

すると、人生で大事なチャンス、ターニングポイントで、

「なんか人生を変える出会いのような気がする。」
「なんかチャンスな気がする」
「なんかいいことがありそう」

っていうときが、わかるようになっていきます。
理由はわからなくても、直感で。

今でこそ、天プロの仲間と一緒に仕事をしていますが、
もともとは知らない者同士です。

でも、この人はなんかこれから関わっていく気がする。
なんか気になる存在だ。なんか影響がある気がする。

っていうところからの始まりでした。

自分の感覚を信頼できるようにしていけると、人生の大チャンスも
ちゃんと気づくことができるようになります。

でも、あれが大チャンスだったんだっていうのは、あとから
振り返ってみて気づくことで、そのときは「なんか・・」って
いう小さなレベルです。

「なんか・・」をいつも大事にしていくと、

「なんかいつの間にか、人生変わってきた」

ってなりますよ♪

 日ごろから、「なんか」を大事にする 

でした。


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>