Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » NO.125「夢は叶わない派?」の法則

NO.125「夢は叶わない派?」の法則


■…………………………………………………………………………………………■

 「夢は叶わない派?」の法則

■…………………………………………………………………………………………■

4年前、社長:咲桜佳美に聞かれました。

「ユーゴさんって、夢とか目標ってどういう定義で捉えてますか?」

定義って意識したことが無いので
聞かれたときにはギョッとしましたが

同じ言葉でも、人って全然違う風に捉えていたりするんですよね。
しかもその捉え方によって、手に入る結果が違ってくる。

その時の自分が捉えていた定義はこんな感じでした。

───────────────────────────
 【夢】叶わないもの、幻想、多くの人が言葉に踊らされている
    人生レベルの大きなもの、特別な人しか叶えられない

 【目標】ノルマ、掲げたら死んでも達成しないといけないもの
     あくまで目標で現実的ではないとわかっていて設定するもの
───────────────────────────

改めて見てみると、当時の価値観が浮き彫りですなー。

本人気づいてませんでしたが
「現実的でない目標値を設定するくせに、死んでも達成させなきゃいけない」って
自ら背水の陣を作って、苦行をしいています(笑)

そのクセに「自分だけ苦しい」とかどんだけー。

ちなみに今はこんな感じです。
───────────────────────────
 【夢】達成したい事(小さなモノから大きなモノまで)、だいたい叶う
    そこら中にゴロゴロしてる、誰でも叶えられる

 【目標】自分を力づけるために設定するもの、コミット
     到達したい所を設定する、できなくてもOK・だがやるぞ!
───────────────────────────

さっきよりだいぶ軽やかです(笑)

こうやって同じ言葉でも、捉えてるイメージ・定義って全然違うんです。

価値観を見てみれば
その人がどんな現状で、何を悩んでるかも結構わかります。

その辺が「思考は現実化する」とか
引き寄せの法則とか言われてる部分ですね。

と言うと、価値観を無理やり変えようとする人が現れますが
意味がないどころか、余計に厄介になるので気をつけてくださいね。

「夢は叶わない」って思ってる人が
「夢は叶う」って100回唱えたり、自分に言い聞かせてると

本音では「叶わない」って思ってるのに
「叶う」ってことにして取り繕ってる人になっちゃいます。

じゃあどうしたらいいの?
って思うでしょうが

「どうにかしよう」と思わないでください(笑)
それがコツです。

明らかにして認める。
そして手放す。

これがイチバンです。
(禅の世界でもそう言ってますね)

「どっひゃー!自分はこんな価値観・捉え方してるんだ
 そりゃ○○○が起こるわなーうわーイヤだなー
 ・・・・以上!さてごはん食べよう。」

こんな感じです(笑)

「以上!」ってできるようになると
人生劇的にラクになります。

できなくても、自分の価値観を洗い出してみるのは
とても役に立つことなので

ぜひ「自分は夢・目標をどう捉えているか」を書き出してみてくださいね!

まとめ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

同じ言葉でも、人それぞれ全然違う捉え方。
その価値観を元に、結果が変わってくる。

———————-[なのでこれをやってみよう!]———————-

「夢」ってこういうもの・「目標」ってこういうもの
を書き出してみよう。

 ※「そう心がけている」ではなく
  素直にそう思ってるって事をネガティブ・ポジティブ含めて書いてね

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>