Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » NO.104 「ドラクエから学ぶ、夢の叶え方」の法則

NO.104 「ドラクエから学ぶ、夢の叶え方」の法則


■…………………………………………………………………………………………■

 「ドラクエから学ぶ、夢の叶え方」の法則

■…………………………………………………………………………………………■

天職プロデュースの松田隆太です。

私は、ゲームからいろいろなことを学びました。

今回は、あの有名ゲームドラクエにたとえて、夢の叶え方を
書いてみます。セミナーでも話している内容でもあります。

あなたは、ドラクエをやったことはありますか?

ドラクエは、勇者が主人公です。
そして、王様から、世界を平和にしてくれ!とお願いをされ、
旅立ちます。

とは言うものの、最初は丸腰だし、何をどうしたらいいのかわかりません。
自分になにをしろっていうの?って感じですよね(笑)

そこでどうやってやっていくか?

ドラクエでは、まず「意図」があります。

「世界を平和にする」っていう意図です。

主人公の自分がやることは、「今いる、その場所でできることをやる」ことです。
城や街にいるので、そこで出会った人と話します。

そうすると、いろいろな情報が入ってきます。

「竜王は○○にいるらしい」
「雨雲の杖は、東にいる長老が持っている」
「マイラの村には行ってみたか?」

(マニアックですいません・・)

など、知らなかった情報がたくさん入ります。
その情報は、「意図」があったからこそ、入ってくる情報です。

そして、最初は弱い主人公ですが、持てる武器を持って、倒せる敵を
倒し、レベルアップして、「そろそろ行けそうだな」って思ったら、
今いる世界を広げていきます。

すると、見えなかった部分がどんどん見えてきます。

このとき大事なのは、

「わからない。でも、前に進む。」

というセンスです。

初めはわからないことだらけですし、わからないのは当たり前です。
チャレンジはわからないからこそするものだし、全部わかっていたら
チャレンジでもなんでもありません。

わからなくても、わからないなりに進んでいく。
そうしないと、いつまで経ってもわからないので、先に進めませんよね。

でも進んでいくうちに、ああこういうことだったのか!とあとで
わかってきます。

旅路で、同じ旅をしている仲間とも出会うでしょう。
そうしたら、一緒にパーティを組んで旅していけばいいですよね。

それも、同じ意図を持っているからこそ組めるんですね。

これって、現実でも同じことですね。

現実の世界も、ドラクエのように楽しみながら、人生の旅をしてみては
いかがでしょうか?


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>