Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » NO.091「 『クセ』はわかれば、単なる『傾向』になる」

NO.091「 『クセ』はわかれば、単なる『傾向』になる」


■…………………………………………………………………………………………■

 「『クセ』はわかれば、単なる『傾向』になる」の法則

■…………………………………………………………………………………………■

自分のクセって、だれにでもありますよね。

「なくて七癖、あって四十八癖」っていうことわざがあるくらい、
自分で気づかないものもあります。

小さな頃からよく忘れ物をしてしまうクセがありました。
それを親に怒られたりしていました。

でも、クセっていうと、なにか悪いもののようなイメージが
ありませんか?

自分のクセは、あってもいいものなんです。
というより、ずっと無意識でしてきていたものなので、いきなりなくすことは
できませんよね。

無意識にしていて、気づかないからクセというだけで、クセそのものは
良いも悪いもありません。
ただそのことに気づいているかどうかです。
クセに気づかないことで、良くないことがあるんです。

クセは自分で気づけば、単なる「傾向」になります。
「パターン」と言ってもいいですね。

わかればこっちのものです。
人にはそれぞれ傾向があります。
その傾向に対して、対策・予防策を用意しておけばいいんです。

たとえば、忘れ物をしてしまうクセがあるのに気づいていれば、
自分は忘れ物をしやすい傾向があるから、リストアップをしたり、
忘れ物がないかチェックをしてから出かけよう。

ということができます。

気づくかどうか、がポイントです。
そして、うまくおつき合いをしていく。
それを否定しようとしたり、なんとかなくそうとすると、余計に
うまくいきません。

自分の傾向、人の傾向、会社の傾向など、すべて傾向があります。
わかればわかるほど、その対応も楽になっていきます。

でも、普段から意識していないと、見逃しやすいのがクセなので、
少しだけ、自分の傾向はどうなのか?っていうことを観察してみると
いろいろな気づきがあります。

普段、無意識にやっているクセに、気づくように意識してみてくださいね。
最初はなかなか気づけなくても、アンテナを張っていると、自分の
クセが見えるようになっていきますから。

まとめ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
自分の傾向が見えると、人の傾向も見えるようになります。
なにげなくやっていることを、ちょっとだけ気にしてみてくださいね。
いろいろな自分が見えてきますよ。

———————[なのでこれをやってみよう!]———————-

自分が普段なにげなくやっていることを、意識してみよう。
たとえば、うちに帰ると、無意識にテレビの電源を入れているとか。

自分でわからなければ信頼している人に、「私のクセって、 何かある?」
って聞くと、こういうことするよね。とか、こういう口グセがあるよね。
とか、自分で気づかなかった自分に気づいていけますよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>