Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » NO.087「やりたい事がやりたくなくなる」の法則

NO.087「やりたい事がやりたくなくなる」の法則


■…………………………………………………………………………………………■

 「やりたい事がやりたくなくなる」の法則

■…………………………………………………………………………………………■

「常に頑張って、やることやって結果を出してる」
俺はそんなイメージを持たれる事がよくあるみたいだけど

ところがどっこい(笑)

俺だってダラダラしたい!って欲求があります。
そしてダラダラします。

昨日はまさにダラダラ過ごしたのでした。

★AM8:30 いつものように携帯の目覚ましが鳴る

「今日は予定入ってないし、昼までダラダラ寝たいなあ」(欲求)
「よし、やりたいことを満たそう!」(欲求を満たすと決めた)

★再び目が覚めたのはPM3:00

「あー寝た!」(欲求が満たされた)
「今日は何も食べてない。でも食べるの面倒だ、食べたくない」(欲求)
「食べたくないから食べないで過ごそう」(欲求を満たすと決めた)

こんな感じで
「欲求が沸く」→「行動」→「欲求が満たされる」
というのをいくつも達成したのでした。

やりたい事をやってみて
「今日はやりたいことやったー」という満たされた気持ちもあるけど
「ムダな事に時間を費やしてしまった」って気持ちもある(笑)

「なんてムダな事をしたんだ!」
「自分は根気が無い!ダメだ!」
「みんなは満たされた毎日を送ってるのに自分は・・・」

こうやって、やりたい事をやった後
自分を責める癖がある人、結構多いです(笑)

そんな人にヒトコト、アドバイス。

「至って正常です(笑)」
(責めてもいいけど、責めなくてもいいよー)

欲求が満たされたら
その欲求は興味が無くなるモノです。

食欲もそうだよね。

 [食前]   お腹すいた!好きな食べ物を好きなだけ食べたい!
 [食後]   たべた~!もういらな~い。

満腹になってるのに「食べたい!」欲求が収まらないと危険です。
満たされると、次のことに欲求が移るのです。

ここで
「あぁ、満たされた!」
「大好物を食べたのに、興味を失ってしまうなんて・・・」
「だったら食べなきゃ良かった!」

 まるで一人コントです(笑)

ここまで聞いてこんな疑問も出るかな

『え!じゃあ天職を手に入れても、飽きて転職しちゃうの?!』

飽きて転職っていうか
毎日責めてたら、辞めちゃうかもね^^;

大好物って1個だけじゃないでしょう。

日替わりで様々な好物が食べられたら
毎日楽しく満たされて過ごせるでしょ。

天職も同じで
好きな要素が多ければ多いほど、満たされ続けます。

逆に言えば「全く好きな要素が入ってない仕事は無い!!」

「やりたい仕事に就いたのに、辞めたくなった」
ってのは、好きな要素の数が少なかったのかもね。

好きな事が盛りだくさんな仕事ほど天職です。
毎日満たされてローテーション!

これが天職です。

ソースワークショップで「好きな事をより沢山見つける」
天職起業で「好きな事を盛り込んだ事で仕事をする」

満たされる事ばかりの環境で仕事をする喜び。
あなたも味わってみませんか?^^

まとめ
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

欲求は満たされたら、次に興味が移る。
天職に生きる人は、いくら満たしても好きな事が尽きない。

だって、天職の中には好きな事が山ほどあるから。

1個くらい興味が薄れても
ぜーんぜん気にならない^^

———————-[なのでこれをやってみよう!]———————-

やりたい事をやったとき、責める自分が現れたら
「おぉ、正常に機能してる!」

って自分を褒めてあげてください^^

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>