Breaking News
Home » 天職の見つけ方 » NO.062 1つのことに「執着」しない。

NO.062 1つのことに「執着」しない。


 

1つに執着しないことが天職につながる

最近、いろんな人といろんなことをやっています。
自分の本業はなんだろう?状態になっています(笑)

さて、そんな私が贈る今日の内容ですが、

1つのことに「執着」しない。

ということです。
すべてが天職につながるからです。

人はよく、

1度決めたことは途中で変えてはいけない。
絶対最後までやってから次にいかなければいけない。、
石の上にも3年って言うし、しばらくはやり続けなければいけない。
いろんなことに手を出すのは、節操ない。

っていう価値観を持っている人がいます。

もちろん、この価値観が悪いということではありません。
ただ、絶対でもないので、

「そうしてもいいし、そうしなくてもいい」

というものです。

こうでなければいけない!という時点で、それに縛られてしまっています。
そうすると、自分の視野にないもの、可能性を取り入れることができなくなって、
自分で限界を作ってしまうことも起きます。

今はやっていなくても、想像もつかない先の広がりも、
あるかもしれません。

私は、テニスコーチ、居酒屋スタッフ、飛び込み営業、
福祉(NPO法人スタッフ、介護、相談員)、セミナー講師、イベント企画など、
いろんなことをやってきています。
バイトなどを入れたら、まだまだ出てきます。

でも、それらが、無駄だったということはなく、すべてが
1本の糸のように、つながっています。

自分は、これをやらなければ・・これじゃなくちゃって
いう想いが強いと、それは執着となります。

執着の「執」という字の語源を知っていますでしょうか。

「執」は、「幸」に「丸」ですね。
「丸」は、人がひざまずいている姿です。
 跪いている立場の人、囚人をあらわしています。
「幸」は、囚人の手かせの部分の絵です。

手かせが人(丸の部分)から外れると、「執」から「幸せ」になれます。

執着がとれると、幸せになれます。

その1つにこだわってもいいですが、こだわらなくてもいい。
選んでするのが、軽やかな状態です。

私は、テニスしかない!って思っていたら、義務になって
つらくなって、結局は身体を壊してやめることになっていたでしょう。
そして、今こうしてメルマガを書いている私はいません。

1度選んだものでも、望むなら手放してもいいんですね。

恋愛でも、1度つき合ったら、一生その人と別れてはいけない!
ってなったら、つき合うことがものすごく重くなってしまう
でしょう?(笑)

今のパートナーとも、今までがあったからこそ、出逢えています。
そして、好きでそのパートナーを選んでいます。
別れられないから、ではないですよ(笑)

天職も同じです。
どちらでもいいし、いろいろな可能性があるということですね。
すべてがつながるし、すべてが天職にもつながっていきますよ♪

 

まとめ

世間一般で言われていることを、「自分の人生に絶対に
取り入れなければいけない」っていうことはないんですよね。

「~しなければならない」っていうことは、本当はないんです。
人、会社、国、時代、宗教、世界が変わると、そのものさしは
ガラッと変わっていきます。

 

やってみよう!天職発見ワーク

自分がいま、「~しなければならない」「こうでなくてはいけない」
っていうものは、本当にそうなのか?そうではない人、事例はないか?
って探してみよう。

もしかしたら、そうすることで今までとはちがう選択肢が
生まれてくるかもしれません。


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>