Breaking News
Home » 好きを仕事にする方法 » 起業の成功に必要な3つの人格 ~ 起業家、マネージャー、職人~

起業の成功に必要な3つの人格 ~ 起業家、マネージャー、職人~


【素材】3人のビジネスマン

起業を成功するために必要なことをお伝えします。

起業家の中には3つの人格が存在していて、それがうまく活用していくことが大切になってきます。

その3つの人格と言うのは、起業家のバイブルとしても有名な「はじめの一歩を踏み出そう」という本にも書かれているのですが、「起業家」「マネージャー」「職人」の3つです。

起業家:変化を好む「理想主義者」

起業家は0から1を作り出すパワーがあります。理想の世界を創り出そうとしているわけですね。

ただ、起業家の人格が強すぎると、どんどん立ち上げることができるんですが、それを続けることができずにサービスの数ばかりが増えてしまい、中途半端になってしまいます。

スタートダッシュは得意なのですが、すぐに立ち行かなくなるケースです。

職人:手に職を持った「個人主義者」

職人は、コンテンツの質を高めるのに大事です。

プロとして活躍していくには、質がありきのことです。日々、改善を繰り返します。

ただし、職人気質が強すぎると、クオリティーを高くすることを専念しすぎて、もうすでに90点のクオリティがあるのに95点、100点満点を目指そうとして、他のことは全部おざなりになってしまうというパターンです。

このケースは、起業家やマネージャーの人格を全く使えていないということです。

たとえば、ラーメン屋さんがラーメン作りのことばかりをこだわって考えてしまい、売るための仕組みを作ったり、セールスをすることを怠っていて、ビジネスが立ち行かなくなってしまうというケースです。

マネージャー:管理が得意な「現実主義者」

マネージャーは道筋を整えて仕組み化したり、整理整頓してくれます。

組織が大きくなればなるほど、このマネージャーの人格が必要となってきます。

自分1人ではできない部分を、いかに人に任せるか。

マニュアル化したり、自動化するというのも得意分野です。

ただ、マネージャーは、仕組みを作ったり管理をするのは良いのですが、新しく何かを立ち上げたりすることができません。

リスクばかりを考えてしまい、クリエイティブでチャレンジングなことが全くできずに、ブレーキがかかり、ジリ貧で終わってしまうケースもあります。

3つの人格を全部使いこなせるようになろう。

ビジネスを安定して続けるためには、この3つの人格を全部使いこなせることが必要です。

ただよくあるパターンとしては、その人の得意な人格に偏ってしまいがちです。

どれかに偏らずに、バランス良く、「起業家」「マネージャー」「職人」の3つの人格を使っていきましょう。


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>