Breaking News
Home » 人生で役に立つこと » 「ベストの人生」を生きるためにやるべきこと

「ベストの人生」を生きるためにやるべきこと


【素材】ベスト

どんな人でも自分の人生を、ベストの人生にしたいと思ってるはずです。

でも必ずしもそうはなっていないことがよくあります。

そのときにまず考えるべきことは、「自分にとってのベストというのは何か」ということをしっかり確認することです。

「ベスト」を選び、「ベター」を選ばない。

多くの人は、ベストを選んでいるようで、ベストを選ばずになんとなくベターなものを選んだりしています。

それはとってももったいないことです。

たとえば、コミュニケーションをしっかり取りたい人がいたときに、Facebookでいいねやコメントをつけるのは、まあそれなりにコミュニケーションには取れていますので、ベターではあります。でもベストとは言えません。

ベストのコミュニケーションは、直接会うことです。それが無理なら電話をすることです。

そのほうが、しっかりと濃いコミュニケーションを取れますよね。

ベストのものを選び始めたときから、人生全般がベストになる。

ベターを選ぶなら、「まあ悪くはないかな」という70点止まりのものになってしまいます。

時間の使い方なら、いま一番重要だと思える、ベストの選択をする。

仕事なら、成果に一番つながる業務を、一番優先する。

人間関係なら、一番大切な人を、一番大切にする。

どんなことに対しても言えますよね。

自分でなくてもできる頼まれごとは断る。

自分に来た頼まれごとは全部引き受けないと思っていると、自分の時間がどんどん人の時間で埋め尽くされてしまいます。

そうなっては、だれのための人生か分からなくなってしまいますよね。

いい人であるほどそういうことが起きてしまい、ベストの人生から遠のいてしまいます・・

自分の人生は自分が最優先するべき。

人からの頼まれごとも、もし自分が本当にしたいのであれば引き受けてもいいと思いますが、なんとなく頼まれてしまうことはもったいないことです。

人を大事にする人ほど、どんどん引き受けてしまいがちですが、1番大切にしなければいけない人というのは、「自分自身という1番身近な人」です。

その1番身近な人の本当の気持ちを大切にしてあげることが本当に大切なことです。

まとめ

「ベスト」を選び、「ベター」を選ばない。ということを、どれだけ人生の中でできるかが、ベストの人生を作るために本当に必要なことです。

もし自分が、「今の人生がベストではないな」と感じている人は、ベターなものを選んでいるのかもしれません。

ですから、無意識にやっているベターを選ぶということを手放して、今日からベストのことを選ぶということをやっていくといいです。

・仕事においてのベストは何か?
・人間関係においてのベストは何か?
・趣味においてのベストは何か?
・食べ物においてのベストは何か?

何でも構いません。

「私にとっての、いまのベストは何か?」

という質問を自分に対して問いかけてあげればあげるほど、ベストの人生に近づきます。

「絶対にイエスだと言いきれないなら、それはすなわちノーである」
 (12万部突破の「エッセンシャル思考」より)


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>