Breaking News
Home » 仕事のノウハウ » 時間管理のために「時間簿」をつける10のメリット

時間管理のために「時間簿」をつける10のメリット


【素材】時計

時間簿と言う言葉を聞いたことがありますか?

お金の管理を家計簿でするように時間の管理をするのが時間簿です。

具体的には自分が何にどのくらいの時間を使っていたかを記録することで
時間に対しての意識を高めて見直しをすることができるためのツールです。

このツールを使うことで10個のメリットがあります。それを紹介します。

時間への意識が高まる。

普段何気なくやってしまっていて意識をしていない時間に対して意識を払うと、何事をするにもなんとなくすることがなくなります。

ダイエットをしようとして、食べ物の記録をつけると、ダイエットに対しての意識が高まるのと同じです。

時間がどのくらいかかるのかがわかる。

自分がやっている作業に対してこれは30分に終わるとかいうことが明確になります。

「標準時間」という言い方をします。

例えばメールの処理には30分とか、メルマガを書くのに1時間とか、企画書を書くのに40分とかわかると時間配分もできるようになります。

これがわかると、時間が30分で終わるだろうと、見積もっていたものが、実際には1時間かかった・・というような認識のズレもなくなります。

そして、実際にはそれほど時間がかかっていなかったのに、すごく時間がかかるイメージがあって、手を付けるのがおっくうになる。ということもなくなります。

洗い物がめんどくさいな、と思っていて、実際には10分しかかからなかったというように。

無関係なことに意識がそれにくくなる。

いま1番自分に関係のあることだけに意識を集中できるようになりますので、今やらなくてもいいこととか、そもそも関係ないことに対して意識が向かなくなります。

何も意識して考えないといろいろなことに意識の矛先がいってしまいますが、その心配がなくなります。

1つのことに自然に集中するようになる。

【素材】子供、集中

その前の話にも関わりますが、1つのことだけを意識すると、他のものをすべて手放すことができます。

「いま重要なたった1つのことは何か」という質問を自分に投げかけると、そのたった1つのことがわかります。

無意識でやっていたものを意識化できる。

人は普段意識してやっている行動よりも、何気なくなんとなくやってしまっている行動が9割以上と言われています。

でもそこの無意識でやっていることを意識化できると、本当に必要なものなのか、それとも本当はいらないものなのかが、区別できるようになり、自然にやらなくなります。

時間あたりのコスト価値が高まる。

時間簿をつけることで時間の使い方が明確になりますので、より重要なものに時間を使うようになります。

そうなると価値がない仕事よりより価値がある仕事に自分の時間を使うようになります。

結果的に時間あたりのコスト価値が高まります。

よく「今やってることは時給換算するといくらか?」という話が時間管理の本にありますが、時給あたりの価値が高まっていきます。

セルフコントロールが上手になる。

自分の時間をコントロールできるになるということは、自分の人生もコントロールできるようになるということです

時間を意識していないと振り回される一方で、いつの間にか時間が過ぎていた・・ということがあります。

時間簿を使って、自分で時間をコントロールしているとその力が身に付いていきます

セルフイメージが上がり自信になる。

自分で自分の時間をコントロールできているという成功体験が、毎日積み重なれば積み重ねほど自分は確実にやるべきことをやっているという自信が積み重なります。

その結果、自分に対してのセルフイメージも上がります。

逆に時間簿つけずにダラダラと時間を過ごしてしまうと、「俺、何やってるんだ」ってセルフイメージは下がってしまいます・・

漠然とした不安や焦りがなくなる。

不安や焦りがあるときは、そもそもその正体がよく見えていないときに起こりがちです。

でも自分の時間がなんとなく過ぎていくのではなくて、時間簿をつけることで「自分が何にどれくらい使っているのか」が目に見えてわかるようになります。

そうするとその正体が見えますので安心感が出ます。

人はわからないものに対して不安や焦り、恐れが起こるのです。

1日そして人生を、自分が作っているという意識になる。

時間を意識していないと、いつの間にか時間が経ってしまったり、時間に自分自身が振り回されているような感覚になります。

自分で1日を作っているという意識になると、その振り回され感がなくなります。

1日という時間もそうですし、一週間、1年、ひいては人生を自分が作っているという感覚になります。

まとめ

【素材】手帳

時間簿をつけることの10のメリットはいかがだったでしょうか。

1.時間への意識が高まる。
2.時間がどのくらいかかるのかわかる。
3.無関係なことに意識がそれにくくなる。
4.1つのことに自然に集中するようになる。
5.無意識でやっていたものを意識化できる。
6.時間あたりのコスト価値が高まる。
7.セルフコントロールが上手になる。
8.セルフイメージが上がり自信になる。
9.漠然とした不安や焦りがなくなる。
10.1日は自分が作っていると言う意識になる。

時間簿を作るときに気をつけた方が良いのは、完璧主義に陥らないことです。

続かなかったら意味がないのでおおまかなものでもいいです。

分刻みなど細かくしすぎず、30分単位くらいでも大丈夫ですので、自分の時間を何に使っているかということを記録するのをオススメします。

ぜひやってみてくださいね。


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>