Breaking News
Home » 人生で役に立つこと » これから何かを始めたい、チャレンジしたい人へ。自分を動かすために「節目」の力を使う。

これから何かを始めたい、チャレンジしたい人へ。自分を動かすために「節目」の力を使う。


【写真】スタート

人は何かきっかけがないとなかなか動きにくいものです。

でもそのきっかけというのは、自分から待っていてもなかなか来にくいもの。

なぜ動きにくいかというと、人には変化をしたくないという潜在意識の力が働くからです。

潜在意識には「現状維持機能」がある。

【写真】まったりする猫

変化をすることに抵抗を示すのです。

人が太古の昔から、安全をまず考えるのは、種の保存が第一だからです。マズロー五原則でもある「生存の欲求」です。

「今日生きられたということは、今日と同じようにすれば明日も生きられる」と考えるから安全を重視するのです。

明日、余計なこと(チャレンジなど)をするのは、リスクととらえるのです。

これはいわば、本能とでもいうものです。

ですからそもそも人は、チャレンジをするようにはできていないのです・・

だから、何もしないのが楽で、居心地がよく感じてしまいます。

ただそのままでいると、それは衰退の一途を辿ってしまいます。

筋肉を使わないとどんどん衰えていくように、何かをしようという意欲もどんどんなくなっていきます。

それではもったいないですよね。

では、現状維持ではなく、チャレンジしたい、これから何かをはじめたい、というときにはどうしたらいいのでしょうか?

「節目」の力を使おう!

【素材】人生のポイント、節目

そこでお勧めしたいのは「節目」の力を使うと言うこと。

節目というのは、たとえば、1日の始まり、1週間の始まり、1年の始まりなどのタイムサイクルの区切りのときでもいいです。

または、何かのライフイベントのタイミングでもいいですね。

結婚、独立、就職、転職のタイミングや、誕生日、記念日などもとても良いです。

何か新しいことをスタートするとき、または今までやっていたことを変えるときなどには、この節目の力を使うと変えやすいです。

新しいこと、チャレンジすることの例

【素材】ランニングする女性

・早起きをする、ランニングを始めるなどの新しい習慣を身に付ける

・ビジネスに役に立つ資格を取るために勉強する、英会話を始めるなどの新しいスキルを身に付ける、

・新しいお仕事を始める結婚生活を始めるなど新しい人生に歩いていく。

きっと、「よし、やろう!」と思い立った自分がいたことでしょう。

自力に頼らず、自分以外の力をうまく使おう!

【素材】チームワーク

こんなときには自分の人生を動かしやすくするために、ぜひ節目の力という自分以外の力を活用していきましょう。

さらに「人に宣言をする」「みんなで同じチャレンジに取り組む」など、「人の力を活用する」のも、より良いやり方ですね。

自分がチャレンジして、動き出すきっかけを作り、人生をどんどん良い方向にクリエイトしていきましょう♪


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>