Breaking News
Home » 集客のポイント » これをやればうまくいく「集客の唯一のヒケツ」とは?

これをやればうまくいく「集客の唯一のヒケツ」とは?


これをやればうまくいく「集客の唯一のヒケツ」とは?という内容です。

【素材】ポイント 女性

「これをやればいいという集客のヒケツはなんですか?」

と質問されたことがあります。

そして私も、

「集客のヒケツはなんだろう?」

と気になったことがあります。

「これさえあればもう満席間違いなし」というものがあったら最高ですよね。

集客においてわかっている唯一のヒケツは、

「これさえやればうまくいくというヒケツは存在しないと知ること」です。

人は特効薬のようなヒケツや特別な魔法がないか知りたがります。

でもそんなものはありません。

ベストセラーにするためのヒケツとは?

以前にベストセラー作家ひすいこたろうさんとコラボさせていただいたのですが、そのひすいさんに

「ベストセラーにするための共通するヒケツはありますか?」

と聞いたことがあります。

そのときに、おっしゃっていたのは、こんなことでした。

ベストセラーには、ヒケツや方程式はありません。

出版社の編集者の方たちはみんな当然売れる本を出そうとしています。
ベストセラーも狙っています。

でもベストセラーになる本とベストセラーにならない本があります。

編集者さんにはみんな、プロのノウハウやメソッド、経験もあるにもかかわらずです。

タイトルも考えますし、マーケティングも真剣に考えます。

でもその編集者さんなりに最高の努力をするのですが、結果は蓋を開けてみないとわかりません。

結局は「これをやろう!」と一点集中ではなく、結果につながりそうな、やれることを手当たり次第にやって何かが当たるということです。

その何かというのは、そのときによって違います。

たまたま、影響力ある人が取り上げてくれるかもしれないし、メディアで特集されるかもしれない、女子高生がブームを起こすかもしれない。

こんな感じで予測はできない。

だからやるべきことは、ヒケツなどないと知って、やれることをやることです。それがヒケツです。

「最後は気合です(笑)」

・・とのことでした。

集客もベストセラーの出し方と一緒。

これをやったら良さそうということを、様々なことをやるということです。

これを英語で言うと、

「ANOTE-KONOTE」

です。

和訳すると「あの手この手」です(笑)

もちろんただ闇雲にやればいいということではありません。結果につながりそうな方法を選ぶべきです。

そして、自分が選んだ方法を適切に行動に移すのみです。

これが集客のヒケツになります。

私の講座やイベントも、メルマガからたくさん参加のときもあれば、だれかが紹介してくれるときもあります。

Facebookの記事を見た人や、挙げていた動画を見て興味を持った人もいます。

直接話したり、メールでお誘いして参加する人もいます。

できることは、1つのやり方にこだわらず、人に見つけてもらいやすいように努力をすることです。

そして、ご自身がそのプロセスを楽しむことです。

まとめ

「これさえやれば一瞬で人が集まる」という魔法は存在しない。

でも結果につながりそうなことを、仕組み化も含めて、すべてやっていく。

それが集客の唯一のヒケツ。


About matsudaryuta

matsudaryuta
松田 隆太(まつだりゅうた) たった1日で本当にやりたいことを見つける「天職プロデューサー」 20種類以上の仕事を経験し、好きな仕事をするために1000万円ほどの自己投資をし、20代半ばに自殺すらも考えたところから天職への道へ。 現在、職能訓練校での研修、川村学園女子大学、葛飾総合高校など講演など、全国各地での講演のほか、天職を支援するプロの「天職プロデューサー」を30人輩出し、天職を見つけるサポートを続けている。

コメント

メールアドレスは公開されません。*は必須です。 *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>